フリーランスデビュー

フリーランスへのなり方を5つのステップで解説!これからフリーエンジニアを目指す人は要チェック

PC作業

今IT企業で正社員として働いている人の中には、これからフリーランスになって稼いでやるぜと息を巻いている人もいるだろう。しかし、必要なスキルが備わっていなければ仕事がないという状況に陥るかもしれないから注意が必要だ!正社員もそうだが、フリーランスだってそう甘くはない。フリーランスになってから後悔するのは嫌なので、迷っている人はしっかり実情を知った上でなるべきだ。ここでは、フリーランスになる時の注意点をお伝えしよう。

フリーランスとは

まずそもそもフリーランスとはどう言った形態の働き方なのかを確認しよう。
一言でフリーランスという言葉を言い換えれば、個人事業主ということである。個人で仕事をもらって、普通のサラリーマンは、会社(事業主)に所属して仕事を遂行する。一方で個人事業主はサラリーマンではないのだ。自分自身が事業主と言うことである。ただ法人ではないので、法人の一歩手前みたいなイメージだ。例えば、個人で仕事をしている大工さんであれば、1人親方だったりする。つまりこれがフリーランスである。
特定の企業や組織に所属するのではなく、自分のスキルを武器にプロとして活躍する働き方ということだ。プロジェクトに参画する際、別に入社するわけでもないので、案件ごとに契約し、業務を遂行するという性質上、自由な働き方であることがメリットのひとつです。
『フリーランスとは、一言でいうと個人でクライアントから仕事をもらって生計を立てていく職種です。』

フリーランスへのなり方は

STEP1: 知り合いのフリーランスに内容をヒアリング

多くのフリーランスの人は、既にフリーランスとして働いている知り合いからなり方や、働き方の紹介を受けて、自分も
ネットでも情報収集はもちろん可能だが、やはり生の声は貴重!会社の尊敬できる先輩でフリーランスになった人がいれば、一度話を聞いてみてもいい。フリーランスの良いとこと辛いとことを合わせて聞いておこう。

STEP2: 正社員のうちにスキルを身につけておく

当たり前ですが、何のスキルも無い状態でフリーランスになるのは危険だ。しっかり自身の強みとなるスキルは身につけておこう!本来、技術力を経験年数で測るのは本質的ではないのだが、この業界がそうだから敢えて経験年数で言うと、一つの目安として1年がある。1年程度実務経験があれば何かしらプロジェクトはある!しかも、運が良ければ結構学ばせてくれる現場だったりする。お金をもらいながら、プロジェクト経験も積めるなんて、かなり贅沢だw
さらに上のクラスであれば、3年超程度の開発経験がまた一つの目安である。3年程度の経験があれば即戦力として十分戦えるとみなされるだろう。良く、『どんなスキルを身につけておく方が良いのか?」と聞かれることがあります。回答は明確で、特に思い入れが無いのであれば、単金が高い領域が良いだろう。詳しくは、『【スキルチェンジを考えている人必見】フリーランスエンジニア案件で高単価獲得が可能な技術15選!』にあるから参考にしてくれ。

とは言え、おそらく今の会社でやっている技術が全然異なる可能性もあるかもしれない。その場合、家で自己学習をしておくしかない。最近増えているプログラミングスクールを利用しても良いかもしれない。数十万円の手出しで、後々の活躍のきっかけを得られることを高いと思うか安いと思うかは人それぞれだ。また、ただ学習するだけだと、この後に説明するスキルシート上ではなんらプラスに働かないので、クラウドワークスなどで実際に簡単な仕事を受注してみるとか、Githubに成果物をアップして、他人に共有できるようにしておくことが重要だ!

STEP3: 勤めている会社を退職する

副業が許可されている会社なら良いが、まだこのご時世にも関わらず、副業を禁止している会社も多くある。特に社歴が少しあるような中小企業などで、手間を増やしたくないからなのか、副業禁止を強く押し出しているところも多い。
まぁ副業でやっている人はフリーランスとは呼ばれないな。なのでフリーランスになろうと思えば、いずれにせよ会社をやめるしかない。
タイミングを見計らって、人事に淡々と退職手続きを進めてもらおう。会社の風土に合わせて、次にフリーランスになると言うことを伝えればいいだろう。会社によっては祝福してくれる。保守的な会社であれば、少し白い目で見られるかもしれないw
でも、これからのフリーランスとしてやりがいのある世界が待っている人にとって、そんなことをイチイチ気にしていては身が持たないから、無視しよう!
それに最近は、退職代行NEXTなどのサービスが出てきており、手間取るようであればアウトソースしてしまっても良いかもしれない。

STEP4: 自分のスキルシートを作成する

プロジェクトに参画する上で最も重要なものが、このスキルシートと呼ばれるものである。要はプロジェクト単位の経歴書である。今まで経験してきた案件で、自分がどういう役割を担ってきたかを詳細に書いておく必要がある。
なぜかというと、プロジェクトへ参画するために利用するからだ。プロジェクトへ参画するには、2つの関門を突破する必要がある。
まずスキルシートの内容をチェックされる、書類選考がある。現場のプロジェクトマネージャないしは、リーダがスキルシートに書かれているスキルがプロジェクトにマッチしているかどうかをチェックする。当然スキルがマッチしている案件に応募しているはずだから、それほどかけ離れたスキルでは無いはずだ。しかし、3年以上の経験を求めているプロジェクトにも関わらず、1年程度の経験しかないということであれば、きっと書類選考でお見送りになってしまうことだろう。
書類選考が無事に承認された場合、次に、両者が実際に顔を合わせて質疑応答が行われる。この時も利用されるのは、スキルシートだ。スキルシートに沿っていろいろな質問がされることだろう。そのため、相手が見やすいようにしておくのはもちろん、自分が語りやすいようにスキルシートを構成しておくことが重要だ。

STEP5: エージェントに相談する→案件を探す

ここまでで、諸々必要な知識と道具は揃ったはず。後は、実際に案件を探せばOK!本来自分で営業を行い、案件を探すという手間が発生するが、エージェントを利用すればその手間も俄然減らせる。複数社に登録して、信頼できる担当者を見つけておこう。これがかなり重要なことだ。なぜなら、担当者によって、サービスの品質がかなり異なるから。技術的な話が通じることはもちろんだが、フットワークの軽さだったり、理解力だったり求める能力は結構ある。
この担当者の巡り合わせは、確率論でしか無いと思ってる。そのため、確率を上げるためにもとりあえず多くのエージェントに登録して面談をしてみることが重要だ。

また、自分で探している時間がない人とか、多くのエージェントに登録する時間がない人には、登録して待っていれば、複数のエージェントからマッチした案件を提案してくれるサービスがおすすめだ!
『フリーランスエージェントは複数登録がオススメ♪登録しておいて損のない会社10選!』

最後に

今回、フリーランスへのなり方をステップで解説してきた!これからフリーのエンジニアを目指す者の参考になっていれば幸いだ。
意外と簡単にフリーエンジニアになれると思った人も多かったのではないだろうか。しっかり準備をしてフリーランスエンジニアとして、デビューをして活躍してもらいたい。もし、フリラーンスとして迷うことがあればいつでも相談してくれ!