フリーエージェント比較

【企業向け】フリーランスエンジニアの紹介サービス

エージェント握手

エンジニア不足が叫ばれている中、フリーランスエンジニアになる方がとても多くなっています。
これからの時代、自社のリソースだけではなく、外部のエンジニアリソースを活用していく必要があります。

外部フリーエンジニアの活用のメリット

フリーランスエンジニアを業務委託契約として雇うことで、必要な時に必要なリソースを用意することが可能です。

外部フリーエンジニアの活用のデメリット

質にバラつきがある

全員が優秀なエンジニアであればいいのですが、中には金額に見合わない人が混ざっていることも事実です。
しかし、この様な場合は早期に契約を解除することで、コストのダメージを小さくすることができるので、早めの判断ができればそれほどデメリットではなく、むしろ正社員を雇うことと比べれば、メリットでしょう。

タイミングが合わないことがある

欲しい時に必ず、リソース提供があるとは限りません。

人材エージェントの活用が便利

High Class




ヴァンテージマネジメント株式会社が運営している、High Classというサービスがあります。

優秀で厳選された2,250人以上のフリーランスが登録されております。
さらに、30人/週のペースで登録者数が増加しているということなので、早めに問い合わせを行っておくことでリソース確保がしやすくなるでしょう。
  
報酬は、もちろん完全成果報酬型ですので、ご契約が決まった段階で手数料が発生します。初期費用がかからないため、リスクなく利用することが可能です。
ハイクラスの人材をお探しの企業に【High Class】