【案件探し!】必ず見つかるおすすめ3社はこちら

【フリーエンジニア必読!】エンド直案件と元請直案件の違いを知って単金アップを狙いましょう

フリーランス女性

フリーランスになり、案件を探していると「エンド直案件」や「元請直案件」という言葉に出会うことがあります。

タチバナ

こちらの記事では、エンド直と元請け直の言葉の違いと、それぞれにおすすめなエージェントを紹介しております。

この違いを知っているか知らないかでご自身の単金アップを図れるかが変わってきます!

エンド/元請案件におすすめなエージェント

    エンド直案件におすすめエージェント

  • レバテックフリーランス
    業界最大手のフリーランスエージェント
  • レバテックフリーランス
    業界最大手のフリーランスエージェント
  • 元請直案件におすすめエージェント

  • PE-BANK
    業務系案件に強みがあるエージェントです。SIer系の案件を求めている方にはGood

タップできる目次

エンド直案件とは?

まずは、エンド直案件からみてみましょう。

タチバナ

エンド直案件のエンドとは、一体なんでしょうか。

ここでいうエンドとは、ユーザー企業を指しています。

つまり、システム会社(SIerやファーム)ではなく事業会社ということです。

例えばイメージとしてLINE株式会社と契約をして案件に参画するというケースがエンド直案件です。

そのため、LINE社員のプロジェクトリーダーやマネージャと面談をすることになります。

エンド直案件とは、事業会社(LINEやトヨタなど)と直接契約している案件

商流について

エージェントから紹介を受ける時の具体的な商流はどのようになるのでしょうか。

多くの場合、

エンド企業→エージェント会社→ITフリーランス(あなた)

という形になります。

つまり、フリーランスの方は実質2次請けということになります。

一番の理想としては、

エンド企業→ITフリーランス(あなた)

という商流ですが、なかなかエンド企業と直契約は難しいです。

フリーランスの方1人1人と契約するということは非効率的です。

そのため、エージェントを介すのが一般的となっています。

案件数の多さや、トラブル対応も行なってくれるためエージェント会社を入れておくメリットは大きいです。

エージェント会社を入れておくメリットはある。

  • 基本的にエンド企業は個人の人と契約を結ぶのは面倒
  • 一般的には、エージェントを介してエンド直案件を結ぶ
  • 稀に直で結べることもある

案件内容について

フリーランスプログラミング

具体的なエンド名ってどんなところでしょうか。

イメージしやすいところでいいますと、

  • サイバーエージェント系
  • リクルート系
  • カカクコムなどデジタルガレージ系

などなど、当然その他にも色々あります。

案件内容としては、Web系の案件が多くなる傾向にあります。

と言うのも、エンド直案件はエンド側にシステム開発のPMがいなければ成り立ちません。

自社のサービスは社内メンバでやっていても、基幹や業務システムは、大手SIer(NTTデータなど)に任せていることは良くあります。

なので、割と新しめの技術に触れることが多くなるでしょう。

例えば、フロントをJS系のフレームワークで作って、裏はRailsでAPI化しておくとかとか。

そのため、プロジェクトメンバも若い人が多くなる傾向にあります。

  • Web系案件が多い
  • 新しい技術に触れることが多い
  • メンバーも比較的若い人が多い

単金について

もちろん、スキルに寄るので一概には言えませんが、私がご紹介している案件として、

  • 3年生→60〜70万円
  • 5年生→70〜80万円
  • リーダークラス→80万円〜

ぐらいが相場な気がします。

こんな人向け

エンド直案件が向いている人の特徴を先に見てしまいましょう。
(もちろん、当てはまらない案件もたくさんあります)

  • Webアプリケーションやアプリの開発経験がある
  • 先進的なプロジェクトに携わりたい
  • 新しい技術の習得も苦じゃない
  • 比較的若手を中心とするプロジェクトで活躍したい
  • 単金を上げたいアジャイル手法の開発スタイルの方がいい

良い点の裏返しですが、新しい技術にチャレンジできるということは、
世の中でもノウハウがそれほど蓄積されていないことでもやっていかなければならないという場面があります。

そういうチャレンジ精神がない方には、苦痛に感じらることが多くなるかもしれません。

エンド直案件に強いエージェント

それぞれ、各エージェントには強みがあります。

登録がまだのエージェントがあれば、登録されることをお勧めします。

もちろん各社共に登録費用はかかりません。

ギークスジョブ

こちらに登録しておいて損はありません。
レバテックとギークスは、まず登録マストなエージェントだと思います。

ギークスTop

フリーランスエンジニア業界の中では老舗で、唯一の東証一部上場企業です。

営業力に力を入れていますので、幅広い案件が揃っております。

\ 業界唯一の東証1部で信頼感No.1 /

※登録1分!登録後も料金は発生しません

DYMテック

DYM-Top


あまり認知度は高くないですが、良く動いてくれる担当者がいます。
この、サイトのイメージの女性に惹かれて登録された方は多いのではないかと推測されます。

\ web系案件多数! /

※登録後も料金はかかりません

フォスターフリーランス

フォスターTop
引用:フォスターフリーランス公式HP

あなたが45歳以下であれば、フォスターフリーランスがおすすめです。

  • 全体案件数が5,000件以上と、とても豊富
  • 半分が直取引で、エンド直案件も多い
  • フリーランスエンジニア向けサービスの中で歴史が長く安定感のあるサポートが特徴。

\ 報酬10万円アップキャンペーン実施中! /

※登録1分!登録後も料金は発生しません

元請直案件について

元請直案件とは、SIer企業などが、請負っている案件のことです。

例えば年金システムであれば、エンド企業は日本年金機構で、そのシステムを請負っているのがNTTデータになります。

エンド直案件であれば、日本年金機構の中のプロジェクトですが、元請直案件であれば、NTTデータの中のプロジェクトというイメージです。

そのため、面談をしてくれる人はSIer企業のプロジェクトリーダーなどが多いでしょう。

商流について

商流は多くの場合、

エンド企業→元請企業→エージェント会社→フリーランスエンジニア

平たく言えば、3次請です。

つまり、エンド直案件より、一階層深くなるということです。

元請企業とは、例えば大きい会社で言うと、NTTデータであったり、アクセンチュアであったりとSIer系やファームなどのイメージです。
小規模なSIer企業が請けているケースも多々あります。

SIer企業

エンド直案件と同様、大手の元請企業と直接契約することは、元請企業側の手間が膨大になってしまうため難しいケースが多いでしょう。

これもエンド企業同様ですが、過去に実績を積んでいる場合などは、直接契約のお話をもらうということもあるようです。

単金について

もちろん、スキルに寄るので一概には言えませんが、私がご紹介している案件として、

  • 3年生→65万円
  • 5年生→75万円
  • リーダークラス→85万円以上

が現状の相場な気がします。
つまり、エンド直案件より、5万円ほど安くなっているということです。

こんな人向け

元請直案件が向いている人の特徴を先に見てしまいましょう。
(もちろん、当てはまらない案件もたくさんあります)

  • 大きなプロジェクトに携わりたい
  • 幅広い年齢の人とPJT推進したい
  • ドキュメントなどのノウハウを吸収したい
  • ウォーターフォールの開発スタイルの方がいい

大きなプロジェクトが多い点が挙げられます。
特に大手SIerが請けている案件であれば、プロジェクト規模も大きくなり、社会的に意義の高い案件に貢献することができます。

開発手法が確立されているケースが多いため、ドキュメントのフォーマットや、プロジェクト推進のメソッドなど学べる機会は多いでしょう。

一方で大きなプロジェクトであるがゆえに、分業になってしまうことも多いです。
手を動かしたい人にとっては、実際に開発をするより仕様書作りが多くなるなど、ちょっと苦痛かもしれません。

元請直案件に強いエージェントはこちらへ

元請直案件に強いエージェント

レバテックフリーランス

レバテックTop


・業界最大級の案件を保有。
・業界トップクラスの高単価報酬、低マージン。
・コーディネータの実績、丁寧な対応。無理な案件のご提案は致しません。
・案件参画中のフォローの充実。人材担当、企業担当の他に、フォロー専門の担当がおります。
・早期の契約更新確認。契約の途切れの不安を解消するよう、徹底した早期確認を行なっています。
・参画者優待サービス。宿泊施設やスポーツクラブ、映画館の優待チケットの特典満載。

\ 業界最大手の信頼感! /

※登録後もずっと無料で利用できます

PE-BANK

PE_BANK-Top


あなたが業務系のエンジニアなのであれば、間違いなく登録しておくべきエージェントです。

フリーランスエンジニア向けサービスの中で歴史が長く、安定感のあるサポートが特徴。

一人ひとりとしっかり向き合い、その人にあった案件を提案してくれるサービスです。

\ マージン比率業界最低水準! /

※登録1分!登録後も料金は発生しません

まとめ

いかがでしたでしょうか、元請直案件とエンド直案件の違いを理解していただけましたでしょうか。

金額優先で考えるのであれば、やはりエンド直の案件を探すのが良いでしょう。

その一方で、それほど案件数は多くないことと、求められるスキル感はやや高くなる傾向にあります。

そのためにも、しっかりご自身のスキルを磨いておく必要があります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる