フリーエンジニアになるには

【簡単!】フリーランスエンジニアになるには?経験者と未経験者で大事なこと5選!

今やフリーランスエンジニアは魅力的な働き方として人気があります。

タチバナ
タチバナ
こちらの記事では、フリーランスエンジニアになるための大事なことを経験者/未経験者でそれぞれまとめています。

これからフリーランスエンジニアを目指す人にお役立ちいただける内容です。

「自営業と違うの?」や、「女性も仕事があるの?」などの疑問にもお答えします。

なってから、生活できないなど後悔しないよう、大事なポイントを抑えましょう!

タップできる目次
  1. 経験者からフリーランスエンジニアになるには
  2. 未経験からフリーランスエンジニアになるには
  3. フリーランスエンジニアを取り巻く環境
  4. フリーランスエンジニアに向いている人と向いていない人
  5. フリーランスエンジニアになるのに必要なスキル5選
  6. フリーランスエンジニアの仕事の種類
  7. フリーランスエンジニアのスキル向上方法
  8. フリーランスエンジニアに良くある質問
  9. まとめ

経験者からフリーランスエンジニアになるには

エンジニアとしての経験がある状態からフリーランスエンジニアになるために、どのようなところに注意すべきなのか。

デメリットやメリットについて解説します。

まずはフリーランスとはどのような働き方なのか把握し、準備や対策をしましょう。

注意点

フリーランスエンジニアとして、働いていくための注意ポイントを紹介します。

間違った認識を持ってフリーランスになってしまうと、思うように仕事が得られないということにもなりかねません。

フリーランスにはいつでもなれる

エンジニアとしての3年以上の経験があれば、確実にフリーランスにはいつでもなることができます。

ですので、慌ててフリーランスへの道を歩み出す必要はありません。

しっかり計画を立てた上で判断をしましょう。

本業以外に事務タスクが増える

会社員は会社の仕事をこなすだけですが、フリーランスの場合、案件の受注から納品まですべて個人で行わなければなりません。

つまり、本業のエンジニアとしての仕事以外に、クライアントとの交渉や請求書作成など、事務タスクが増えます。

ですので、メイン業務のみに集中したいという方には向きません。

収入は自分の頑張り次第で増える

フリーランスエンジニアの収入は、自分の頑張り次第で増やすことが可能です。

フリーランスエンジニアの収入は、時間単価×労働時間ですので、いかに時間単価を上げるかが重要です。

そのためにも、実績を積み重ねて認めてもらう必要があります。

実力の差が明確に表れる世界であることも認識しておく必要があります。

信用度が低くなる

会社員なら、会社の信用度で働くことが可能です。

一方、フリーランスは自分自身の信用のみです。

また、仕事という意味以外でも、社会的な信用も低下します。

銀行ローンなどが通りにくくなるので、大きい買い物を考えている人は、会社員のタイミングで購入しておきましょう。

ローンを組んだ後でフリーランスエンジニアなっても、それは文句は言われません。

幅の広い仕事は与えられないかも

会社員時代のように、未経験の領域とか、部署の移動など、幅のある仕事はなかなかできなくなるでしょう。

あくまで、過去の経験からの案件アサインが多くなります。

例えば、今までJavaの開発レイヤーしかやったことがないのであれば、次の案件もJavaの開発になるということです。

キャリアの変更は、独学&面談でのアピールを工夫する必要があります。

フリーランサー
【強みは?】フリーエンジニアの技術において案件で高単価獲得が可能トップ15選!こちらの記事では、同じレベルのエンジニアの場合、技術別に単金がどれほど変わるかを調査してみました。これからフリーランスを目指す方の参考になれば幸いです。...

まずは土日副業エンジニアで練習もあり

Aさん
Aさん
フリーランスエンジニアとしての仕事に自信が持てない。

ということであれば、土日副業エンジニアで練習する方法もありです。

土日副業エンジニアで、どのような形で契約>仕事>請求するのか体験することは有意義です。

土日副業エンジニア
【newノーマル!】エンジニア副業を土日にやらない理由は無いのでは?案件の探し方と注意点5選!こちらの記事ではエンジニアとして土日に副業で収入アップを考えている方向けの記事です。在宅でできる案件で週1程度など、副業を探したい方にお役立ちいただける内容となっております。...

それでもやっぱりフリーランスがいい理由

一見難しそうに思えるフリーランスエンジニアですが、フリーランスとしての働き方がやっぱりいいといわれる理由は、どういったものなのでしょうか。

収入アップ

なんと言ってもこれが一番です。
会社勤務では決められた収入の中で働くことになります。

しかし、フリーランスエンジニアは数をこなしたり、単価の高い案件を受注したりできれば、月数10万単位で収入アップできます。

現在の収入に不満を持つ方が、実力に見合った収入を得るためフリーの道を選ぶことは正義だと思います。

経費という概念

フリーランスエンジニアは、自宅で働く方も多いため経費がさまざま発生します。

在宅で働いていて経費になるものは、地代家賃や水道光熱費、支払手数料や広告宣伝費、通信費や接待交際費など、業務に必要とされるものです。

仕事に関係しないものに関しては経費とすることはできませんが、この辺を駆使することで手取り金額を大きくできます。

詳しくは税理士に相談するのがベターです。

比較的自由な働き方

フリーランスエンジニアは、自分に合った仕事を限定して選んだり、自分のライフスタイルに合わせて仕事の量を決めたりと、比較的自由な働き方が可能。

有給を取るのに会社から許可をもらう必要はありません。
煩わしい縛りはなくなります。

一度転職も別に悪くない

まだ、フリーランスエンジニアはちょっと早いかなと思うのであれば、一度転職を挟むのも良いでしょう。

冒頭でも述べた通り、フリーランスエンジニアにはなろうとすればいつでもなれます。

会社を辞めるのに手こずるようなら

現在働いている会社を辞めるのに手こずるようであれば、退職代行をおすすめします。

退職代行は、あなたの代わりに会社と退職手続きを行ってくれます。

そのため、強引な引き留めなどを受けずに済みます。

未経験からフリーランスエンジニアになるには

未経験の方がフリーランスエンジニアとして働いていくために、どうしたら良いのでしょうか。

未経験の方でも、フリーランスエンジニアとして働いていくことは可能です。

しかし当たり前ですが、知識や技術が必要です。

フリーランスになるための王道

未経験の方が本業としてフリーランスになるためのおすすめの手順は、こちらです。

学習→正社員就職→フリーランス

必要な知識や技術を学習し、エンジニアとして就職して1年程度経験を積み、フリーランスとして働くことがおすすめです。

学習→フリーランスエンジニアとして働き出しても、案件獲得がなかなか難しくなってしまいます。

一方で、エンジニア以外の職業を行いながら、土日副業エンジニアを目指すのであれば、学習しながら、フリーランスの仕事を探し出しましょう!

プログラミングスクール

フリーランスエンジニアとしての技術や、知識を身につける学習フェーズの最適な方法としてプログラミングスクールがあります。

基本的な知識を学ぶことはもちろん、より実践的な練習ができるスクールもあります。

プロにコツなど教えてもらい効果的な学習が行いやすくなります。

独学で学ぶ

エンジニアとしての知識を身につけるのに最も手っ取り早い方法は、独学です。

エンジニア向けの参考書や、プログラミングソフトの活用、オンラインでの情報集めなど、このご時世、いくらでも方法はあります。

エンジニアを志したのであれば、今すぐに学習を始めましょう!

注意点

未経験者がフリーランスエンジニアの働き方を選ぶにあたって、注意すべきポイント大きく3つあります。

実際にやったらつまらないというこももあり得る

フリーランスエンジニアだけに限った話ではありませんが、エンジニア業務がつまらないと感じてしまうこともありえます。

1日の大半をPCとにらめっこすることになります。
バグの原因を特定できず徹夜を余儀なくされることもあります。
多くの学習が必要になります。

実際に学習しプログラミングをしてみて、続けられそうか考えてみましょう。

プロジェクトの山場はきつい時期もある

フリーランスエンジニアがプロジェクトに関わる際、急な仕様変更があったり、納品後のトラブル対応なども発生します。

システムの開発サイクルには、大体山場があります。

計画通りにはなかなか行かず、8割ぐらいのプロジェクトできつい時期が発生します。

体調を崩す人も多い業界

エンジニアという仕事は、過酷な時期があることはお話ししました。
つい無理をしすぎてしまうということもあるでしょう。

体調を崩してしまって仕事が出来なくなってしまっては本末転倒です。

セルフコントロールはもちろん、チームメンバに対する巻き込み力なども重要になってきます。

フリーランスエンジニアを取り巻く環境

フリーランスエンジニアは社会から見てどのような位置にあるのでしょうか。

需要がどのようなところにあるのか、案件を取得できる環境が整っているのか、などについて見ていきます。

エンジニア不足が深刻

2019年に経済産業省が発表した情報によると、エンジニアの不足は慢性的に発生しており、2030年には最大79万人にも及ぶIT人材が不足するとされています。

IT技術が進化し続ける反面、現状では対応できる人材が足りていません。

つまり、フリーランスも含むエンジニア需要は非常に高まっています。

フリーランスが働きやすい環境が増加

パソコンやネット環境があればどこでもリモートワークが行えます。

フリーランスエンジニアとして働きやすい環境が進化しています。

喫茶店などでもWi-Fiに対応した店も多く、コワーキングスペースも続々と増加しています。

2020年初頭からはコロナの影響で、リモートワーク案件もとても増えてきました。

ITフリーランス向けエージェントの増加

フリーランスエンジニア向けに案件を紹介してくれる、エージェントも多くなってきています。

各社、様々な案件を扱っており、フリーランスエンジニアが仕事を見つける手間を大幅に削減してくれます。

おすすめなITフリーランスエージェントは、こちらでまとめております。

クラウドソーシングサービスの充実

仕事を発注したい業者と、仕事を求めている人を結びつけるクラウドソーシングサービスも増えました。

こちらは、特に、土日副業エンジニアの方などは、エージェントが取り扱ってくれないケースも多いので、クラウドソーシングの方が相性がいいでしょう。

フリーランスエンジニアの増加

エンジニア需要が高まり続けていることから、会社から独立してフリーランスエンジニアとして働き出す人が増加しています。

その分、20%ぐらいの使えないフリーランスエンジニアが増えていることも事実です。

20%に入らないように、しっかりスキルアップをする必要があります!

フリーランスエンジニアに向いている人と向いていない人

フリーランスエンジニアとして働いていくにも、向いている人と向いていない人が存在します。

エンジニアとしての技術力を持っていても、フリーランスとして働けるかどうかは、働き方に向いているかどうかも 大きく関わってきます。

フリーランスエンジニアに向いている人

フリーランスエンジニアに向いている人は、どういった人なのか、特徴ごとに分けて紹介します。

総合的に見て、働けそうかどうか考える判断材料としてお使いください。

ITスキルが高い人

フリーランスエンジニアの前提条件ともいえるのが、 ITスキルの高さです。

エンジニアとして働くためには、プログラミングやソフトの使い方、更新され続ける技術の情報などを持っている人が、フリーランスエンジニアに向いているといえます。

仕事上のコミュニケーションに長けている人

フリーランスとして仕事をするためには、クライアントとのコミュニケーションが必要不可欠です。

どのような条件で働くのか、仕事の進捗状況や、納品の報告などが重要視されます。

現状でコミュニケーション能力が不足していても、これから身につけていけば、何ら問題はありません。

しっかり自走できる人

フリーランスエンジニアの仕事は自己責任となるため、仕事を計画的に行なったりするなど、しっかり自走ができる人でなければ困難です。

積極的に自分から働きかけられるような人でなければ、案件の獲得も出来なくなってしまいかねません。

スキルアップのために学び続けられる人

フリーランスエンジニアとして働くためには、変化し続けるIT技術についていかなければなりません。

古い知識や技術だけでは、新しい技術についていけなくなってしまうため、スキルアップをするために学び続けることが肝心です。

フリーランスエンジニアに向いていない人

フリーランスエンジニアに向いていない人は、どのような人なのか解説します。

改善できるものもありますが、そのままの状態ではフリーランスとして働いていくためには難しいポイントを並べました。

コミット力がない人

フリーランスとして仕事をしていくためには、自分の行う仕事に責任を持って、最後まで達成させるコミット力が重要です。

フリーランスは、仕事の受注から納品までの工程をすべて行うため、どのような仕事を行うのか、どれだけの数をこなすのか、自分で決めてクリアしていかなければなりません。

お金の計算が苦手な人

個人で働いて行くのであれば、やはりお金の計算も重要になってきます。

自分がどれだけの収入を得られているのか、諸経費や生活費など、どれくらいの支出が必要となるのかなどといった、お金の管理もある程度必要になります。

時給感覚が抜けない人

フリーランスは、自分が仕事をした数がそのまま収入となるため、会社勤めのような時給感覚が抜けない人には、おすすめできる働き方ではありません。

きっちりと決まった提出期限までに納品を続けなければならないため、単純に1日何時間働いたから報酬が出るという働き方でないことには、ご注意ください。

コミュ障

フリーランスは依頼者との会話もすべて自分で行なっていかなければならないため、コミュ障だという人には、難しい働き方のひとつです。

相手と細やかなコミュニケーションをとっていかないと、認識ズレが生じてしまう可能性があります。

仕事上のコミュニケーションが弱い人(報連相できない)

コミュ障と通じるところもありますが、フリーランスにおいても、報連相ができないコミュニケーションが弱い人には向いていません。

会社勤めの場合は顔を合わせる機会があるため、その都度確認を取ることができます。

しかし、顔を合わせることの少ないフリーランスエンジニアは、状況の変化や進捗情報などの連絡が必要になります。

いつでも報告・連絡・相談ができるように心がけることが必須です。

人によって50代以上の人

50代以上のフリーランスエンジニアになってくると、体力的なことも不安視されるようになり、一般的な案件が減っていく傾向にあります。

大きな信頼を得ているのであれば普通の働き方もできますが、経験の豊富さを活用して顧問などの特殊な働き方をしている方もいます。

ベテランならではの、働き方も意識していかなければなりません。

フリーランスエンジニアになるのに必要なスキル5選

フリーランスエンジニアになるために必要な、スキルを5つ紹介します。

フリーランスとして仕事をしていくためにも必須レベルのスキルとなるので、自分自身のスキルアップも目指していきましょう。

ITスキル(技術力)

フリーランスエンジニアは、ネットワークやサーバーのインフラであったり、 Webやスマホアプリなどの開発、データ分析など、ある程度のITスキルがなければ作業ができません。

また案件を受注するにあたって、実務経験のある方が、クライアントに信頼を持ってもらいやすくなります。

エンジニアとしてのスキルをアピールできるように、ポートフォリオや資格取得といった、技術力を証明できるようにしておくことを推奨します。

セルフマネジメント力

フリーランスとして働くためには、スケジュールやタスクの管理ができる、セルフマネジメント力が必要になります。

どのタイミングで仕事を受注するのか、納品期限はいつなのか、入金の確認や税務処理など、自分で判断して行かなければなりません。

営業力、交渉力

フリーランスの形で働くのであれば、自分を売り込む営業力や、仕事を請け負う際の料金などを決定する、交渉力が不可欠です。

知り合いから仕事を紹介してもらったり、自分からクライアントに掛け合ったり、自分の市場価値を示すことは、仕事を得るために重要な役目を持っています。

確定申告・社会保険の知識

会社に所属していれば、納税や社会保険の手続きなどを行なってもらえますが、フリーランスは、確定申告や社会保険の手続きなども自身で行わなければなりません。

手続きをしなければいけない期日なども決まっているため、事前にどのようにすればいいのか認識しておくと、慌てずに手続きを行うことができます。

ポジティブな気持ち

フリーランスエンジニアは、コツコツと実績を積んでいくことも必要となるため、仕事が不足している状況下でも、常にスキルアップを目指す、ポジティブな気持ちが大切です。

フリーランスエンジニアの収入は出来高で決まっていくことになるため、積極的に自分から案件を探したり、企業や知り合いなどに前向きにアピールしていくことを心がけましょう。

フリーランスエンジニアの仕事の種類

フリーランスエンジニアと一言で言っても、仕事の種類は多岐にわたります。

今回はその中から、5つの働き方について解説します。

それぞれで必要になるスキルなども異なるため、エンジニアとしてどんな仕事をしていきたいのか考えておくことをおすすめします。

Webエンジニア

Webエンジニアは、アプリの開発やサイト制作などの、Webに関する業務を包括的に行う仕事です。

Web関係の案件は、決められた納期までに納品する形が多いため、在宅で行える仕事が多い特徴を持っています。

フロントに限らず、サーバーサイドの仕事も行えるようになれば、より幅広い案件を受注できるようになります。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、インフラストラクチャーや、IT情報基盤と呼ばれる、システムを動作させる環境の構築から運用、整備などをするエンジニアです。

ネットワークの保守や、設計、構築を行うネットワークエンジニアや、同じくサーバーの保守から設計、構築、運用を行うサーバーエンジニアも、インフラエンジニアに含まれます。

他にもプラットフォームエンジニアや、運用SEなど、システム全般の知識が求められる仕事のひとつです。

Webディレクター

Webディレクターは、プロジェクトの監督や管理、指揮などの役割を担う人を指します。

デザイナーやプログラマーなど、Web制作に関わるスタッフをまとめて、クライアントの要望通りにコンテンツを作成する責任者としての仕事を行います。

スケジュールの調整からメンバーを決めたり、品質の管理をしたりするなど、クライアントとスタッフをつなげる役目を果たさなければなりません。

PMO

PMOはプロジェクト・マネジメント・オフィスの略で、企業などでプロジェクトマネジメントの支援をする構造システムや部門のことをいいます。

一般的な事務作業を支援するPMOアドミニストレータ、プロジェクトの整備や改善などを行うPMOエキスパート、PMO組織そのものを管理する、業務全般を行うPMOマネージャーなどがあります。

つまり、プロジェクトを効率的に動かすためのサポートを行う仕事です。

ヘルプデスク

ヘルプデスクは、顧客から寄せられる情報システムやウェアの使い方などの問い合わせに対応する業務です。

障害発生時などにも対応しなければいけないため、技術的な知識とコミュニケーションの両方が重要視されます。

つまり、IT技術に詳しくないような人にも分かりやすく伝えられる、知識力と適応力がなければ、ヘルプデスクとして働いて行くことはできません。

フリーランスエンジニアのスキル向上方法

フリーランスエンジニアとして、スキル向上に最適な方法を大きく4つに分けて紹介します。

自分に合う学習方法を見つけて、日々のスキルアップを図っていきましょう。

書籍

技術系情報雑誌や、資格取得を支援する専門書、プログラミングの参考書などを使って、知識を得る学習方法です。

どういった仕事をするのか決めかねるという時は、技術経営情報誌に掲載されているものから、興味のある分野を探して、その分野に適した学習をしていく手段もあります。

勉強会、イベント、セミナーに参加する

勉強会やイベント、セミナーに参加すれば、自分の得たい情報や日々変化していく考え方や技術を知るきっかけになります。

また、セミナーに参加している人たちと交流をすることで、人脈を広げたり、新しい働き方を見つけたりする可能性を高めることも可能です。

ちょっと背伸びした案件に挑戦する

実践を積むことも、エンジニアとしての技術や知識を高めることに役立つため、少しランクアップした仕事にチャレンジすることも、スキルアップにつながります。

少しずつ難易度を上げて、新しい環境に慣れていくことから始めてみましょう。

スキルアップに使える便利なサービス

エンジニアのスキルアップに役立つ情報を提供しているサービスも数多くあります。

例えばプログラミング技術を専門的に扱い、エンジニア同士がフィードバックをし合える Q & A サイトの「teratail」や、エンジニアの情報を自由に共有できる「Qiita」などです。

ネット上で気軽に使用することができるため、マイナーなものから最新技術まで幅広い知識を集められるサービスが充実しています。

フリーランスエンジニアに良くある質問

フリーランスエンジニアについて、多く寄せられる質問を紹介します。

疑問に思ったことがあれば、ネットなどの情報を集めてみてください。

女性でもなれるのか

フリーランスエンジニアは、パソコンを使った業務を行うことになるため、男女で差が生まれることはほとんどありません。

女性であっても、確かな実績やIT技術などを持っていれば、誰でもフリーランスエンジニアとして働いていけます。

自営業とは違うのか

フリーランスと自営業は、どちらも独立して個人が行なっていく働き方を指すため、大きな違いはありません。

事務所や作業場所があるかないかで区別されることもないため、同じような意味合いを持っている言葉だといえます。

スキルなしの状態からなれるのか

スキルなしの状態からであっても、フリーランスエンジニアとして働いていくことは可能です。

しかし、スキルがなくても出来るような仕事は単価が低くなるため、より単価の高い仕事をしたいのであれば技術力や実績が必要になってきます。

つまりスキルなしの状態から始めた場合、簡単な仕事をしながらスキルアップをしていく時間も必要となるため、エンジニアとして生計を立てるのは容易ではありません。

とても増えているというがニーズはあるか

エンジニアのニーズは、人材不足の影響もあって高まってきています。
一方、低スキル人材が余ってしまっている現実もあります。

そのため技術や実績はしっかり身につける必要があります。

まとめ

フリーランスエンジニアはIT業界の人材不足が叫ばれている中、即戦力としての技術者の需要が高まっています。

単価の低い仕事であれば、実務経験が無い方でも対応することはできます。

高収入を目指すのであれば、専門的な技術や知識が必要不可欠です。

フリーランスエンジニアとして生存していくため、自己管理能やコミュニケーションなど総合的な力を磨いていきましょう。