【案件探し!】必ず見つかるおすすめ3社はこちら

【厳選】50代ITフリーランスの力が求められている!頼れるエージェント3選!

メリット

よく相談を受ける内容として、50代になったら案件が見つからないけどどうしたらいいか?というものがあります。

タチバナ

こちらの記事では、案件が少なくなる50代の壁を破ってくれるエージェントを紹介しております。

フリーランスエンジニアのデメリットに年齢の壁があります。

特に案件の制約が強くなる一つの区切りが50歳です

しかし、50代に強いエージェントに複数社登録しておくことで、そのリスクを小さくできます。

案件が減るのは事実ですが、一定のプロジェクトの数は間違いなくありますので悲観する必要はありません!

50代おすすめエージェント3選!

また、フリーランスエージェントの目的別比較を別記事で行っております。

タップできる目次

ITフリーランスの実態

40代、50代の人数

2018年フリーランス白書によると、40代50代のフリーランスの人数割合は、それぞれ37.8%、13.2%となており、併せて51.0%になります。

エンジニアだけではありませんが、エンジニアのみでも人数構成比はそれほど変わらないでしょう。

特に50代は全体の1割ちょっとというところで、多くみても2割程度となっております。
出典:フリーランス白書2018

フリーランスエンジニアの年収

こちらは、独立行政法人情報処理推進機構の年代別の「フリーランスITエンジニアの平均年収傾向」です。

30代

300万円未満35.3%
300万円以上~500万円未満27.9%
500万円以上~700万円未満19.1%
700万円以上~1000万未満8.8%
1000万円以上8.8%

40代

300万円未満32.6%
300万円以上~500万円未満31.8%
500万円以上~700万円未満15.5%
700万円以上~1000万未満14%
1000万円以上6.2%

出典:独立行政法人情報処理推進機構発行「IT人材白書2016」P.81より

こちらを見て分かることは、30代⇒40代で500-700のゾーンが減り、上下それぞれのゾーンに流れています。

つまり、スキルがある人はより年収が高くなり、スキルが弱い人は下がるという2極化傾向があると考えられます。

タチバナ
この傾向は50代でより明確に現れてきます。

30代では質が弱くても量でカバーできていますが、年齢が上がるに連れて質が求められてきます。

50代でフリーランスを続ける方はスキルの質を高める必要あり

50代フリーランスエンジニアのデメリット

  • 案件には年齢制限がある
  • 若手プロパーが勘違いする
  • 重要ポジションは任されづらい

案件に年齢制限がある

エージェントから紹介される多くの案件の要件には大抵年齢制限があります。

個人的にはフリーランスエンジニアの実力は、年齢で判定されるものでないと思っております。

しかし、現場PMが年上を管理しづらいや、体力的に難しいなどの理由から50代を敬遠する案件があるのは事実です。

これは悪しき習慣ですが、それが現実です。

私の肌感覚では約7割程度の案件は50代未満を求めています。

ですので、30代と比べれば案件の提案される絶対数は減っていきます。

信用度が低い

これは50代に限った話ではありませんが、特に年齢が上がるにつれ感じられる方は多いようです。

フリーランス白書においても、「あなたが今の働き方(フリーランス)を続けていくうえで障壁になっているものをお答えください。」
の質問に対して、約4割の方が社会的信用を得るのが難しいと回答しております。

ですので、しっかり継続的な収益を上げている実績を作る必要があります。

現場の若手プロパーが勘違いすることがある

50代になると今までの実績が積まれスキルもかなり厚くなっていると思います。

一方で、やはり業務委託という形で参画していますので、現場の全責任を担うということは当然無理です。

そうなると、現場の責任者は、あなたよりも若手の例えば30代ぐらいの現場プロパーの方の場合もあります。

空気が読める若手の方であればいいですが、場合によっては業務委託を下に見ている勘違いした人がいるのも事実です。

勘違いプロパーがいる場合、現場でのトラブルが発生してしまうことも多くあります。

このような場合、トラブルになる前にエージェントの担当者に連絡することで防げると思います。

タチバナ
円滑なプロジェクト運営を行うため、フラストレーションを溜め込まず適切にエスカレーションしましょう。

重要なポジションをなかなか任せられない

前項に重なる部分もありますが、プロジェクトの意思決定はできないでしょう。

例えば、システム刷新のアーキテクチャを決定するなど、意見を述べることはできますが、当然その決定権はありません。

ですので、自分の意思決定でプロジェクトを推進したいと思われている方にとっては、デメリットになります。

一方、しっかり自分の専門性を持って、実績を積みノウハウ化できている方であれば、その意見の認められる比重は高まります。

聞く耳を持ってもらうためにも、価値あるスキルが大事

案件が保証されない

こちらも50代フリーランスエンジニアに限った話ではありませんが、50代には特に大きく関係してくる話だと思います。

エージェントとのパイプをしっかり複数持ち、ご自身のスキルを特化させておくことが重要です。

そうすることで、案件が欲しいタイミングで、確実に案件を探すことができます。

ただこれは、契約が無い期間は自由に休めるというメリットと表裏一体なので、親御さんの面倒を見る必要があるなどの事情の方にはいいことです。

50代フリーランスエンジニアに求められるスキル

上流スキル

スーパープログラマーを別にして、50代でプログラマーでは困ります。

設計書など、上流工程ができるように学習を進めましょう。

健康管理

我々一般人は体が資本です。

特に50代は健康管理に注意して仕事をしましょう。

多少の教育力

業務委託ですから、本来は関係のないことです。

しかし、やはり長年のナレッジを現場の若手に教えてあげて欲しいと、現場のMgrは思っているでしょう。

自分のタスク+αでボランティアしてあげるのも、信頼を勝ち取るにはいいことだと思います。

頼れるエージェント担当者を作っておく

これは、特に重要です。

どんなプロジェクトもいつかは終わります。

その時に、新しい案件を探してくれる腕の良いエージェント担当者がいたら、すぐに次の案件に行けるのでとても便利です!

→50代おすすめエージェントへ

50代フリーランスエンジニアの不安や悩み

年収が上がりづらくなる

基本的には、過去の実績で年収が決まってきます。
ここからの大幅な右肩上がりは難しいでしょう。

社会保障(医療保険、年金等)

体力や気力が衰える

やはり20代と比べると体力や気力が衰えてくると私の担当50代エンジニアから聞きます。

キャッチアップ力の衰え

どうしても物覚えも悪くなります。
常に自分の中の知識もアップデートを心がけましょう。

新しい技術に対応できない

最近のトレンドのPython、JS(Vue、React)などの開発言語周辺では、20、30代が中心で開発を行なっています。

50代フリーランスエンジニアにオススメのエージェント

PE-BANK

引用:PE-BANK公式HP
  • 日本全国に営業所がある
  • マージン比率の開示
  • 充実の福利厚生
  • 年1のエンジニア懇親会

PEーBANKは、他社に無いオリジナルの取り組みが多く素敵です!

タチバナ

PE-BANKの特徴は、なんと言っても一定期間参画するとマージンが8%となる点です。

これは他社に無いポイントとなっており、なかなか真似できません。

また、他社に無い楽しい福利厚生プランも充実しているところもいいです!

50代の方向けの案件も豊富で、数少ない50代におすすめできるエージェントです。

一人ひとりとしっかり向き合い、その人にあった案件を提案してくれます。

\ マージン比率業界最低8%! /

※登録1分!登録後も料金は発生しません

エンジニアファクトリー

エンジニアファクトリー公式
引用:エンジニアファクトリー公式HP

エンジニアファクトリーは、言わずと知れたITフリーランス向けエージェントです!

  • 即日払いを無料付帯
  • 担当者の顔がHPで見える
  • 長期的なキャリア支援
タチバナ

エンジニアファクトリーの特徴は、なんと言っても即日払いが無料付帯している点です。

請求書買取のファクタリングサービスがありますが、エンジニアファクトリーでは最初から対応してくれています。

また、年齢不問で長期的なキャリア支援をしてくれていますので、50代の方もウェルカムなエージェントです。

\ 関西エリアに強み! /

※登録1分!安心の老舗企業♪

レバテック フリーランス

レバテック公式
引用:レバテックフリーランス公式

レバテックは、言わずと知れたITフリーランス向けエージェントです!

  • 日本全国に営業所がある
  • リモート案件も豊富
  • 案件数が豊富
タチバナ

レバテックの特徴は、なんと言っても会社パワーを活かして案件が豊富な点です。

toC向けやtoB向けの案件が揃っております。

人材担当、企業担当の他に、フォロー専門の担当がいるため、何かあればすぐに対応してもらえます。

\ リモート案件も充実! /

※登録1分!安心の老舗企業♪

まとめ

いかがでしたでしょうか、フリーランス50代で案件探しをしているエンジニアの方のために、50代の方の実態と共に、頼れるエージェントをお伝えしました。

いずれにせよ実際にエージェントと面談で話をしてみるということが必要です。

少々おっくうなポイントではありますが、ぜひここは面倒くさがらず複数のエージェントと面談してみることをお勧めいたします。

2021年現在、ITエンジニア分野における旬な「フリーランスエージェントの比較」も行っております。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次
閉じる