おすすめフリーエージェント

【厳選】50代のフリーランスエンジニアが頼れるエージェント3選!ここはマスト♪

メリット

本記事では、50代で登録してもしっかり対応してくれるエージェントを紹介しています。

タチバナ
タチバナ
こんにちはタチバナ(@HighV_Freelance)です。

もし登録がまだなエージェントがあるなら、登録してみてもいいかもしれません。

フリーランスエンジニアのデメリットの一つとして年齢の壁があります。
特に案件の制約が強くなる一つの区切りが50歳です。

しかし、50代にも強いエージェントに複数社登録しておくことで、そのリスクを小さくすることがでるのです。

案件が減るのは事実ですが、一定のプロジェクトの数は間違いなくありますので、悲観する必要はありませんよ!

こちらの記事で紹介している3エージェント

2021年現在、ITエンジニア分野における旬な「フリーランスエージェントの比較」も行っております。

フリーランスエンジニアの実態

フリーランスエンジニアにおける40代、50代の人数

2018年フリーランス白書によると、40代50代のフリーランスの人数割合は、それぞれ37.8%、13.2%となており、併せて51.0%になります。

エンジニアだけではありませんが、エンジニアのみでも人数構成比はそれほど変わらないでしょう。

特に50代は全体の1割ちょっとというところで、多くみても2割程度とそれほど多くないです。
出典:フリーランス白書2018

フリーランスエンジニアの年収

こちらは、独立行政法人情報処理推進機構の年代別の「フリーランスITエンジニアの平均年収傾向」です。

30代

300万円未満 35.3%
300万円以上~500万円未満 27.9%
500万円以上~700万円未満 19.1%
700万円以上~1000万未満 8.8%
1000万円以上 8.8%

40代

300万円未満 32.6%
300万円以上~500万円未満 31.8%
500万円以上~700万円未満 15.5%
700万円以上~1000万未満 14%
1000万円以上 6.2%

出典:独立行政法人情報処理推進機構発行「IT人材白書2016」P.81より

こちらを見て分かることは、30代⇒40代で500-700のゾーンが減り、上下それぞれのゾーンに流れています。

つまり、スキルがある人はより年収が高くなり、スキルが弱い人は下がるという2極化傾向があると考えられます。

タチバナ
タチバナ
この傾向は50代でより明確に現れてきます。

30代では質が弱くても量でカバーできていますが、年齢が上がるに連れて質が求められてきます。

50代でフリーランスを続ける方はスキルの質を高める必要あり

50代フリーランスエンジニアのデメリット

案件に年齢制限があり候補が減る

エージェントから紹介される多くの案件の要件には年齢制限という項目がついております。

気が利いているエージェントは、その項目を消してあなたに案件提示をしてくるかもしれませんが、エージェントに話が来ている段階では含まれているものです。

本来フリーランスエンジニアの実力は、年齢の高い低いで判定されるものでは無いと思うのですが、PMが年上を管理しづらいなどの理由から、50代を敬遠する案件があるのは事実です。

これは悪しき習慣ですが、それが現実です。

私の肌感覚として、約7割程度の案件は50代未満を求めています。ですので、30代と比べれば案件の提案される数は減ったなと感じる方もいるかもしれません。

信用度が低い

これは50代に限った話ではありませんが、特に年齢が上がるにつれ感じられる方は多いようです。

フリーランス白書においても、「あなたが今の働き方(フリーランス)を続けていくうえで障壁になっているものをお答えください。」
の質問に対して、約4割の方が社会的信用を得るのが難しいと回答しております。
ですので、しっかり継続的に収益をあげている実績を作る必要があります。

現場の若手プロパーが勘違いすることがある

50代になると今までの実績が積まれてスキルもかなり厚くなっていると思います。

一方で、やはり業務委託という形で参画していますので、現場の全責任を担うということは当然無理です。

そうなると、現場の責任者は、あなたよりも若手の例えば30代ぐらいの現場プロパーの方の場合もあります。

空気が読める若手の方であればいいですが、場合によっては、業務委託を下に見ている勘違いした人がいるのも事実です。

勘違いプロパーがいる場合、現場でのトラブルが発生してしまうことも多くあります。

このような場合は、トラブルになる前にエージェントの担当者に連絡されることで防げると思います。

円滑なプロジェクト運営を行うためには、フラストレーションは溜め込まずに適切にエスカレーションするのが良いでしょう。

重要なポジションをなかなか任せられない

前項に重なる部分もありますが、プロジェクトの意思決定はできないでしょう。

例えば、システム刷新のアーキテクチャを決定することなど、意見を述べることはできますが、当然その決定権はありません。

ですので、自分の意思決定でプロジェクトを推進したいと思われている方にとっては、デメリットになると思います。

一方で、しっかり自分の専門性を持って、実績を積みノウハウ化できている方であれば、その意見の認められる比重は高まりますのである程度任せられることは十分可能です。

案件が保証されない

こちらも50代フリーランスエンジニアに限った話ではありませんが、50代には特に大きく関係してくる話だと思います。

エージェントとのパイプをしっかり複数持ち、ご自身のスキルを特化させておくことが重要です。

そうすることで、案件が欲しいタイミングで、確実に案件を探すことができるはずです。

ただこれは、契約が無い期間は自由に休めるというメリットも表裏一体でも持っていますので、50代で親御さんの面倒を見なければいけないなどのご事情がある方にとってはいいことです。

50代フリーランスエンジニアに求められるスキル

上流スキル

健康管理

スペシャリティを磨ける

多少の教育力

頼れるエージェント担当者を作っておく

50代フリーランスエンジニアの不安や悩み

年収が上がりづらくなる

社会保障(医療保険、年金等)

体力や気力が衰える

キャッチアップ力の衰え

新しい技術に対応できない

50代フリーランスエンジニアにオススメのエージェント

PE-BANK

■運営会社
株式会社PE─BANK

■対象
・未経験不可

■企業からのセールストーク

・年齢が高い方もご安心ください!安定感のあるサポートが特徴。
・フロントサイド、ゲーム系案件よりも、業務系案件に強みがあります。
・ユーザーに寄り添った手厚いサービスという面では圧倒的な強みを持っています。
・フリーランスに対して不安を抱いている方は一度ご相談ください!。

エンジニアのプロ契約なら【Pe-BANK】

PE_BANK-Top
【感涙!】PE-BANKの評判♪単金爆上げの人続出って本当かWebの話題をを徹底調査!こちらの記事では、最近私がエンジニアの方から良く聞くPE-BANKの担当者が親身に相談に乗ってくれるという話について、Webでの口コミをまとめました。 既にPE-BANKに登録されている人、これからPE-BANKに登録しようとしている人の今後のエージェント選びの参考にしてもらえれば幸いです。...

レバテック フリーランス

言わずと知れたレバテック。フリーランスエンジニアの方の間では、『レバ』と呼ばれていますね。
登録しておいて損はないです。いくつか優待があるのは、ちょっと嬉しいです。

■運営会社
レバレジーズ株式会社

■対象
未経験、50代も広く募集しています!

■企業のセールストーク

・業界最大級の案件を保有。
・業界トップクラスの高単価報酬、低マージン。
・コーディネータの実績、丁寧な対応。無理な案件のご提案は致しません。
・案件参画中のフォローの充実。人材担当、企業担当の他に、フォロー専門の担当がおります。
・早期の契約更新確認。契約の途切れの不安を解消するよう、徹底した早期確認を行なっています。
・参画者優待サービス。宿泊施設やスポーツクラブ、映画館の優待チケットの特典満載。

レバテックフリーランスへのご応募はコチラ

レバテックTop
【最悪!?】レバテックフリーランスの評判5選!私が相談を受けた事例をご紹介こちらの記事では、私がエンジニアの方から良く相談されるレバテックフリーランスの営業が最悪だという件について、実際はどうなのか検証をしてみたいと思います。...

まとめ

いかがでしたでしょうか、フリーランス50代で案件探しをしているエンジニアの方のために、50代の方の実態と共に、頼れるエージェントをお伝えしました。
ぜひあなた好みのエージェントを探す際の参考になれば幸いです。

いずれにせよ実際にエージェントと面談で話をしてみるということが必要になります。

少々おっくうなポイントではありますが、ぜひここは面倒くさがらず複数のエージェントと面談してみることをお勧めいたします。

2021年現在、ITエンジニア分野における旬な「フリーランスエージェントの比較」も行っております。